「おとは@でいじー開発部」トップページに移動します
プロフィール
短く紹介
一応肩書付き最前線プロのプログラマーです☆
デザイン、サウンド、企画、設計、プログラム構築まで幅広く知識を身につけるべく修行に励んでおります!!
ハードウェア開発の沼にどっぷり漬かってぬくぬく☆

ひとり言
ハードウェア開発に興味を持ってしまった・・・当分はハードウェアについて記事を書いていくのだ♪♪
WPFの紹介ウェブページもある程度コンテンツが増えたのでライブラリの公開を一時中断したよ(爆)
スポンサード リンク
カレンダー
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
人気記事
- 2017/11/28 22:40 (0)
新規記事
- 2017/11/28 22:40 (0)
コメント
登録はありません
トラックバック
登録はありません
バックナンバー
RSS
常に最新情報を得るためにはRSSを利用しましょう。
QRコード
QR Code

現在のページを通報
「ぶろぐるすとーりーと管理人」へ不適切な記事の通報が行えます。
通報を行いたい対象記事のみを表示した状態で通報して下さい。

直近記事のリンク



第10章 設計そして行動

投稿日時 2015/05/14 00:26:54

こんにちはsun

このウェブページでは開発者を目指す人や開発者になってこれから開発職を全うしていこうと思っている人に向けて私、おとはが思うことを綴っていこうと思います。

この記事に書いていることを鵜呑みにしたり、書いていることだけを実践しても結果を保証するものではありません。
大事なことはこれからあなたが 「どんな人になりたいか(キャリア)」 「何をしたいのか(ジャンル)」 「どこを目指すのか(目標)」 です。

中級者向けの第4段ですsign01
新人を卒業して数年の歳月を経てしっかりと自分の力で仕事をこなしていける人向けの内容ですよhappy01

それでは、 「第10章 設計そして行動」 についてお伝えしますね。

「設計」 なんて言われたらプログラマーの仕事だって言われそうな気もしますが、 何も設計はプログラマーだけの仕事ではありません sign01
仕様を決めて しっかりとした芯のある設計の元に行動を移さないと後からトラブルに見舞われる ことがありますcrying
ゲームでもツールでもそうだし、それぞれの実装において作成されるデータだって仕様がしっかりしている必要があります memo
グラフィックデザイナーに 自由にデータを作っていいよ 」なんて格好良いこと言ってみたら・・・ 解像度が大きい 読込時間が掛かる CPU処理負荷高すぎる なんて事になりかねないdanger
3Dのモデルとかになってこれば、 ポリゴン数 やら どこにボーンを入れて処理させるか なんてのも大事ですよねshadow
CPU GPU Memory も有限ですし、 HDD だって Network 帯域だって制限がありますthink

プログラムって膨大なソースコードの上に成り立つので個々の細かい処理に目を通すなら選任で人材割り当ても必要になってきますpc
最近はコード分析なんて便利なのもあるのでそこでテストも可能ですがトラブルを未然に防ぐなら設計思想が大切になりますsign03

中級者になってこれば 経験やノウハウも積んできている と思いますので​、 良いこと・悪いことの判断はある程度思いつく はずですflair
設計もしないで作業に入る人は、 すごく頭が賢くて周りの人から遠い存在の人と思われている人 か、 後先考えられない取りあえずで作業してしまう人 でしょうbomb

設計思想もなく実装していった仕様に対して1年後しっかりと記憶しておくことが出来るでしょうかsign02
どのような 意図があって何を目的として行うことなのか デジタル、アナログ問わないので必ず書面として残しておきましょうart
これが出来なければ時間と共にどんどん対処が出来なくなるひどい状態へ進むことになりますdash

しっかりとした 理念の元に設計されたシステムや各種データであっても 機能拡張や他のデータへの派生などしている内に元の情報は薄れていきます night
どこかのタイミングで立て直しをしたり、動作テストを行うための指針となるように情報を残しておきましょうmemo
これが出来ていれば すべての行動を設計者が起こす必要はなく 作業を分担して開発していくことも出来ます mail
また、 引き継ぎ時間も短縮できますので引き継ぐ方も引き継がれる方もお得 になりますclock

かなりプログラマ寄りの内容になってしまいますが・・・
最近のコンピュータは複数のCPUコアを使用してマルチスレッドで処理をしますrecycle
スレッド間のデータの保護もそうですが効率よく処理を実装していくこと 技術力として必要 ですrock
ここでも 大事なのは制御フローをちゃんと考えて設計すること に就きますsnow

チームの作業フロー なんかも 考えておく必要があります run
どこから仕様や依頼が来て誰がどのように対応して最終的なデータに変換されていくのか明記しますpen
作業フローに問題があると 作業 途中 で問題が発生してもスルーされてしまい 気付いた頃には後戻りできない ・・・ なんてことにならないようにしましょう wobbly

設計の方法は色々あります。
意見出しであれば、ホワイトボードや紙ベースに書いていっても良い でしょうpen
出来れば ブレインストーミングなど誰かとの情報共有が出来るアプリを利用してデジタルデータ化するのが素晴らしい ですsun
私は初期設計はXMindによる考案を行いますshine

マインドマップは考えをまとめるのに非常に特化しているので楽しく考えをまとめられますok

とりあえずで行動して後から後悔するような駄目作業フローから卒業して 将来を見据えた開発が出来るように今すぐ行えることから実践していきましょう heart04


投稿者

おとは@開発隊長  

カテゴリー

全般

タグ

開発職 極意
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

直近記事のリンク



ページビューカウンター
52708
ウェブページ
+ハードウェア編
+ソフトウェア編
+ノウハウ・技能編
+道具・雑貨編
+初級編
+中級編
+上級編
+番外編
+初級編
+中級編
フリースペース
☆ハイレゾ音源☆

☆お絵かきするなら☆

☆カスタムPC☆

ギャラリー
カテゴリー
ほびぃ~
くりえいてぃぶ
電子回路 (14)
ぷろぐらみんぐ
C#言語 (21)
C++言語 (4)
PHP言語 (3)
あいてぃー・こんぴゅーた
ぷろふぇっしょなる
全般 (16)
れびゅー
お気に入りたぐ
ツイッター
お問合わせ
ぶろぐ管理者にお問合わせしたい時は専用フォームから連絡が行えます。


Blogle Storeet Core System v2.0a
おとはうぇぶあぷりぶ (IPv4) v2.6a
Copyright (C) 2014-2018 Blogle Storeet Development Team.